学校選びのポイント

日本とアメリカの免許取得を比較してみましょう。日本で飛行機免許の取得をする場合は学業や仕事を続けることができます。アメリカの試験より難しいですが、その分高度な知識を身に付けることができます。日本の飛行場でフライトトレーニングをするので、免許取得後に日本でフライトをする際に慣れるための再訓練を受ける必要がありません。デメリットとしては、アメリカでの取得に比べて、時間と費用がかかることです。試験もアメリカよりも難しいです。

免許アメリカでの免許取得のメリットは、何といっても短期間低予算で済むことです。デメリットは、英語力が要求されること、取得後日本でフライトを行う際、日本国内用の免許に書き換える必要があることです。日本に特有の航空事情を理解する必要性を要求され、日本国内で受験する人と同じ学科試験を受けて合格する必要があります。日本でフライトを行うには、航空特殊無線技士の資格も必要です。航空身体検査証明書もアメリカよりも検査項目が多く、基準も厳しいのです。

飛行機免許取得についての概要をご理解いただけましたでしょうか。皆さまにぴったり合った方法で免許を取得され、大空へのフライトを楽しまれることを願って止みません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket