免許取得にかかる費用

自家用飛行機操縦免許を取得するには、自家用飛行機免許学校に通う人が多いです。日本で取得する方法と、海外で取得する方法があります。

日本で通う場合、学校によって違いはありますが、約500万~700万円の費用がかかります。内訳は入学金が10万~20万円、実地フライト訓練費用が450万~600万円、専門知識講義費用が20万~40万円、教材費が5万~10万円です。

アメリカアメリカでの自家用飛行機操縦免許取得費用を見てみますと、食費や滞在費を含めて計算しても、為替相場による変動もありますが約130万~200万円で済みます。訓練の期間は約1~2か月、訓練のための飛行時間は約60~70時間です。全て英語での訓練となります。費用を安く抑えたい場合はアメリカがお得ですが、英語力が要求されることに注意が必要です。

なぜアメリカの方が日本より安くなるかというと、日本の方が実地フライト訓練にかかる燃料費、保険費用、駐機費用などのコストが高いからです。日本で小型飛行機で一時間フライトを行うと約5万円かかりますが、アメリカでは約1万5千円で済みます。また、アメリカは飛行場の数が日本よりずっと多いのも費用が安い理由の1つです。


Next
 学校選びのポイント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket