自家用飛行機免許取得

学校日本で自家用飛行機の免許を取得するには、4つの方法があります。自衛隊航空学科で取得する方法航空大学で取得する方法航空会社で取得する方法民営自家用飛行機免許学校で取得する方法です。

小型飛行機で機長としてフライトを行うには、航空従事者技能証明書と航空身体検査証明書の2つの証明書と、航空無線免許が必要です。航空従事者技能証明書が操縦免許に相当します。

自家用飛行機操縦士の場合17歳以上という年齢制限がありますが、この年齢制限は実地フライト試験を受験する時点のもので、訓練は16歳になれば開始できます

学校で航空力学、飛行機の性能と重量、航法、AIM、航空法規、航空気象、航空計器、無線交信などを学び、実地フライトトレーニングを受けます。受験のためには、総飛行時間40時間、10時間以上の単独飛行、夜間の離着陸を含む同乗教育飛行20時間以上、5時間以上の野外飛行という飛行時間を満たすことが必要条件になります。

航空身体検査証明書は指定の医療施設で受診し、年1回更新する必要があります。視力は左右眼とも裸眼もしくは矯正された視力で0.7以上が必要です。航空無線免許は航空管制機関と交信するための免許です。


Next
 免許取得にかかる費用

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket