飛行機免許に挑戦

自分で飛行機を操縦し空を自由に飛びまわってみたいと、誰もが一度は夢見たことがあるのではないでしょうか。

飛行機飛行機は大きな旅客機ばかりではありません。小さな飛行機もあり、自由に操縦を楽しんでいる人もたくさんいるのです。飛行機には回転翼と呼ばれるヘリコプターと、固定翼と呼ばれる飛行機の二種類があり、それぞれ違う免許が必要になります。自家用ヘリコプターの免許取得者は回転翼自家用操縦士、自家用飛行機の免許取得者は固定翼自家用操縦士と呼ばれます。自家用操縦士の免許を取れば、個人の趣味として、自由に大空を飛び回ることができます(飛行機を使って仕事をしてみたい人は、ヘリコプターの場合、回転翼事業用操縦士資格、飛行機の場合は固定翼事業用操縦士資格を取得する必要があります)。

自家用飛行機とは、乗員数の制限のある小型飛行機のことです。小型飛行機は、自分で航路を決めてフライトができるのです。日本全国に小型飛行機が離着陸できる小さな空港が無数にあり、そこでプライベートなフライトを楽しんでいる方々がたくさんいらっしゃるのです。

小型飛行機の免許取得は決して難しいことはありません。飛行機の操縦の仕方に関する講義を聴き、実際に教官と共に飛行機に乗って訓練を受け、必要とされる飛行時間をクリアした後に最終試験となります。

このサイトでは、自家用飛行機の免許(固定翼自家用操縦士)取得方法について詳しく説明させていただきます。


Next
 自家用飛行機免許取得

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket